内向的だからこその素敵な毎日

内向的だから見つけられる幸せもあります。
旦那氏、私、そして2016年10月に産まれた息子との日々の記録です。


赤ちゃんとの旅行に便利だったグッズ(3)。

真夏の旅行だったので、抱っこ紐は使わず、かわりにウエストポーチを使いました。

---
このウエストポーチです。値段は少々お高め(7000円超え)です。



BuddyBuddy ポルバン ウエストポーチ


ベビーカーはもちろん大活躍でしたが、このウエストポーチも大活躍でした。
普通に腰にきつめで巻くだけです。
ウエストポーチ巻きっぱなしだと暑いので、ベビーカーに乗せている間はベビーカーのポーチに入れておいて、ベビーカーを使わない(神社などの砂利道で使えない)場面になったらこのウエストポーチをさっと巻いて抱っこするだけです。


このポーチなしで抱っこすると、見る見るうちに体重9キロの息子がずりずり下がってきてしまうのですが、このポーチのでっぱり部分にお尻を乗せて抱っこするだけでずり下がることもなく楽になります。


片手で支える程度で安定するので楽チンですし、抱っこ紐のように前も後ろもくるまれているわけではないので真夏は赤ちゃん視点でも快適だと思います。


自分だけでなく、母も使いましたが、抱っこ紐の複雑さ(慣れればどうってことないのですが、慣れてない人からするとかなり複雑な模様)もなく、巻く→抱く、でOKなのでそういう点でも楽でした。


だいぶ大きくなるまで使用可能なので7000円が高いと見るか安いと見るかは人それぞれそうです。
とはいえ同じ用途でもっと安いポーチも売っているので、検討してみてはいかがでしょうか。





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 優しい暮らしへにほんブログ村 子育てブログ 2016年4月~17年3月生まれの子へ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

赤ちゃんとの旅行に便利だったグッズ(2)。

引き続き、便利だったグッズを。

----
粉ミルクの小分けする袋です。

カネソン Kaneson 粉ミルクかんたんバッグ 20枚入



単純に1回分の粉ミルクを個包装するものです。
3回までだったらミルカーでもよいのですが、なんせ旅行なので、結構な回数のミルクを用意する必要があります。


なので、旅行まえにせっせとこのバッグに1回分のミルクを入れて、封をするシールに量を記載する作業を行います。


ミシン目があるので、哺乳瓶にいれるときはそこをぴりぴりと手で破り、哺乳瓶に入れるスタイルです。空いた口を全部哺乳瓶に突っ込むだけなので簡単です。1回もこぼれたことはありません。


私はミルクだけのときは200ml、離乳食の回は140mlと2種類用意しました。
これなしでの旅行は考えられません。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 優しい暮らしへにほんブログ村 子育てブログ 2016年4月~17年3月生まれの子へ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

赤ちゃんとの旅行に便利だったグッズ(1)。

9ヶ月の息子を連れて名古屋へ数泊旅行に行ってきました。

持っていってよかったものをメモしていきたいと思います。

-----
携帯用哺乳瓶ブラシセット

これです↓


旅行に限らず、外出するときに気にしなければならないのが哺乳瓶。
母乳なら楽、っていうわけでもなく(授乳室を探す旅になる)、完ミなら完ミならではの悩みが付きまといます。


使い捨ての哺乳瓶も売っていますが、なにぶんコスパが悪すぎるので、貴族でもない限りはうまいこと普段使いの哺乳瓶を使いまわさなければなりません。


いろいろ調べていくなかで発見したのが、この携帯用のブラシです。
ポンポンみたいなのを哺乳瓶の中にいれてしゃかしゃか振るだけで、哺乳瓶の中を洗うことができます。乳首部分をあらうブラシも付いています。


旅行中はこれと、お弁当の使い捨て醤油刺しに洗剤を入れて、哺乳瓶使用後にしゃかしゃか振って洗っていました。
水道があればいいので、外出先のお手洗いの水道で洗っていました。
(あまりにも汚いかんじのお手洗いではさすがに洗わずに、きれいなトイレが見つかるまでそのままにしました。。。)


そのおかげで哺乳瓶は2本だけで十分使いまわせました。


今回の旅行でかなり活躍したツールです。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 優しい暮らしへにほんブログ村 子育てブログ 2016年4月~17年3月生まれの子へ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

基礎体温を測ることの難しさwith息子。

第1子妊活中の時、毎朝基礎体温を測ることがとても大変でした。
低血圧で朝が激弱い私は、朝起きたときに基礎体温を測る、ということをそもそも意識できずに起き上がってから「ぁー、やっちゃったなぁー」とぼんやり後悔する日々でした。


でも、今から思うとそんなの大した悩みでないことに気付きました。
息子がいる状態での基礎体温計測は、時に心を鬼にしないといけないのです。


数十秒で測れる体温計を信じていない私は、3分ぐらいかけて測る体温計を使うようにしています。
で、大体私が目が覚めるのは息子がぐずり始める朝7時ぐらいなので、そこから体温計を口に入れて3分、というのがとても心を痛めるのです。


横で息子があーあーぐずっているし、でも基礎体温を測らなければならないし・・・。


目覚まし時計で早めに起きて計測したこともありますが、結局目覚まし時計で息子も起きてしまうので意味がない。


第2子がコウノトリされてくるまでの辛抱だと思い、基礎体温を測ったあとはぐずっている息子をわちゃわちゃしてあげようと思います。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 優しい暮らしへにほんブログ村 子育てブログ 2016年4月~17年3月生まれの子へ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

第2子授かり計画開始。

第1子はおよそ1年半の不妊治療の末授かりました。
籍を入れてからを含めると2年半。


原因は不明で、結局何が悪かったのかがわからないまま息子を出産しました。
検査をしても私も旦那氏も数値は正常だったのでなおさら疑問のままでした。


それからは妊娠⇒出産⇒育児と順調に進み、断乳は成功、そして生理がきました。
そしたら次は第2子!
年齢も年齢なので最初から不妊治療突入です。


第1子はAIH(人工授精)で授かったので、今回も即AIHを実施したいと主治医と話してきました。


不妊治療は第1子を出産した病院と同じ病院なのでいろいろと安心です。


今年の年末にはおなかの中に第2子がにょきにょき成長していることを祈ります。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 優しい暮らしへにほんブログ村 子育てブログ 2016年4月~17年3月生まれの子へ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
プロフィール
スポンサーリンク
ブログ村
メッセージ
プライバシーポリシー

Adsense

当ブログでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

Amazonアフィリエイト

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

著作権について

当サイトでは、自前の画像または著作権フリーの画像しか使用しておりません。