内向的ママの子育て日記。

2016年秋に息子を出産、現在第2子妊活中のママ日記。
(旧ブログタイトル「内向的だからこその素敵な毎日」)


【第2子妊活2週期目】もうつわりなのか。

高温期12日目。
なんだかものすごく眠くてお昼寝。
(私がお昼寝をすると息子も一緒にお昼寝をしてくれるという素敵な子)


そして目覚めるとなにやら気持ち悪い。
それから一日中ずっと気持ち悪い。
頭痛もしたのでそれが原因か?とも考えられるのですが、大した痛さではないときにこの吐き気はない。


おかしい。


なにかがおかしいぞ。


つわりというものはもっと先におこるものだし、実際息子のときは心拍確認するころでもつわりなんてものはありませんでした。


3週なんて妊娠してるうちに入らないぐらいはずなのに・・・。


様子見しますが、この調子でつわりが強くなってくるとちょっと辛いかもしれない。
でもがんばろう。





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 優しい暮らしへにほんブログ村 子育てブログ 2016年4月~17年3月生まれの子へ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【第2子妊活2週期目】高温期12日目、陽性が濃くなる。

高温期12日目を迎えた朝、事前に用意していたdotestでフライングを実施。
私がdotestを使うときは、妊娠している確率が70%ぐらいあるときに使うので、線がもちろんでるよね、という心持でフライングに挑みます。



実施したところ、高温期12日目のフライングなのですぐにくっきりはっきり線はでませんでしたが、5分経たずして薄ぼんやり、でも高温期10日目に比べて明らかに濃くなっている線を見ることができてだいぶ安心することができました。



正直、息子が居る中での妊活はいろいろ考えてきたのですが、いざ妊娠してからのマタニティライフは妊娠してから考えようと思い、ほとんど考えてこなかったので、これからのマタニティライフ、そして出産時について考えいく必要が出てきました。


でも、そんなのうれしい悲鳴。


まあまずは生理予定日1週間後まできちんと妊娠継続して、6週目ぐらいに心拍確認ができるまではだ不安を抱えながらの日々を過ごしていこうと思います。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 優しい暮らしへにほんブログ村 子育てブログ 2016年4月~17年3月生まれの子へ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【第2子妊活2週期目】高温期8日目、期限切れのDoTestで極薄陽性?

今回は生理予定日ぎりぎりまで検査しないでおこう!と意気込んでいたのですが、高温期7日目からはじまった下腹部痛が1時間に1,2回程度の頻度でずーっと続いており、これが妊娠じゃなければいっそ病気だわ!ともやもやがイライラに変わり、トイレの戸棚に放置されていた期限切れ(3ヶ月前に切れてる)のDoTestでフライングしてみました。


しかも真昼間で、そんなにトイレ行きたくないよなぁ程度の尿で。


妊娠しているかな?というわくわく感ではなくて、これって病気じゃないよな、子宮筋腫が急激に大きくなったとかだったら手術で不妊治療が先延ばしになるじゃん、っていう危機感とともに検査をしてみると、2・3分後にうっすーい線が見える気がする。


でも幻とかそういうレベルじゃない線。


さすが高温期8日目ね、っていう薄さ。


病気じゃ・・・ないのかもしれない。


DoTestはこれでなくなったので、しばらくはwondfoで様子見し続けようと思います。





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 優しい暮らしへにほんブログ村 子育てブログ 2016年4月~17年3月生まれの子へ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なんとなくな不妊治療専門病院と一般的な婦人科の違い。

第1子妊活の時は不妊治療専門病院にがっつり通っていました。
診察待ちの方々はみな同じ悩みを抱えてるんだなー、しかもこんなにたくさんいるんだなー、としみじみしていた記憶があります。


第2子妊活の今は家から激近の総合病院に通っており、こんなに人がたくさんいるけれど不妊治療できてるのは多分私以外ほとんど居ないんだろうな(初診のときに「ここでやって実績を上げたことはありますけれど専門の病院に行ったほうが良いかと思いますよ」といわれた)、とぼっち気分で治療にあたっています。


とはいえ、息子を出産した病院で、お世話になった助産師さんがたくさんいらっしゃるので、今のほうがアウェイ感は少なかったりはします。


専門の病院と一般的な婦人科での治療の違いがなんとなく見えてきたので(私の通った実績のある病院での比較ですが)、ざっとあげてみたいと思います。

※私の通っていたところの話なので、違うところもあります
<不妊治療専門の特色>
・ほぼ子連れNG
・病院にもよるが、体外授精や顕微授精も対応可能
・名前で呼ばない(番号で呼ぶことに徹してる)
・やらなくてもよさそうでも、念のためやる
⇒どういうことかというと、例えば人工授精後にHCG注射をするか否かで、排卵しそう・しなさそうに関わらず、人工授精後は必ずHCGを注射していました。
病院や個人の方針にだいぶ左右されるとは思いますが、専門の病院のほうが積極的かと。
・毎日やってる、病院によっては土日祝対応してくれるところもある

<一般的な産科での不妊治療した場合の特色>
・子連れOK(なんせ普通の産科なんで)
・人工授精までの対応で体外授精に進む場合は専門の病院を紹介される
・名前で呼ばれることもある
 基本番号での案内なのですが、すぐに診察室に入らないと普通に名前を連呼される笑
・できるだけ薬は使わない方向
これも病院や個人の方針にだいぶ左右されるとは思う。
私の通っているところは、人工授精後は内診の結果次第でHCG打つか打たないかが決まる。
・対応出来る日が限られている。
私のところでは週3日ほどしか対応していないのでより調整が必要



本当に最短距離で妊娠をしたいならば、不妊治療専門の病院にいくのがやっぱりお勧めです。
でも、まずはゆっくりはじめたいとか、私のように子供が居て預ける先もない、という人には一般的な産科で且つ不妊治療を行っている病院に行く、という選択肢もお勧めです。







~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 優しい暮らしへにほんブログ村 子育てブログ 2016年4月~17年3月生まれの子へ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【第2子妊活2週期目】うん、多分排卵した。

不妊治療専門の病院ではないので、なかなか細かな対応は望めなく、人工授精後の排卵確認という内診もとくに行われていないので、人工授精後から排卵検査薬を使いまくっています。
言えばやってくれると思うけれど、専門の病院ではないのでそういう空気じゃ全然ない。
めっちゃ忙しそうだし・・・(´・ω・`)


人工授精から排卵(かも)までを時系列に説明するとこんな感じ。
1)人工授精実施直前⇒陽性。判定線と同じかなーぐらい。
2)人工授精実施後の夜⇒陽性。判定線と同じかなーぐらい。
3)人工授精実施後の翌日朝⇒がんがんの陽性。判定線こっちか?と思うぐらい。
4)人工授精実施後の翌日夕方⇒陽性。判定線と同じかなーぐらい。


多分、3と4の間で排卵をしたと思われます。
確かに朝起きたらずっと下腹部が生理痛のような痛みを発しており、これはもう排卵だな、というのが体の感覚からも実感できていました。


お昼寝を軽くして起きた後に、ちょっと動いてしまいましたが基礎体温(っていえるのかな)を測ったら36.89度となっていたので、体温も上がっている模様。
ちなみに低温期だと、日中でもそこまではあがらないです。


人工授精実施日の朝9時半に実施。
翌日のお昼に排卵。


結構いい流れだ♪


息子1才の誕生日までに陽性反応みれたらうれしいな。と期待してみる私。







~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 優しい暮らしへにほんブログ村 子育てブログ 2016年4月~17年3月生まれの子へ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
プロフィール
スポンサーリンク
ブログ村
メッセージ
プライバシーポリシー

Adsense

当ブログでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

Amazonアフィリエイト

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

著作権について

当サイトでは、自前の画像または著作権フリーの画像しか使用しておりません。