内向的ママの子育て日記。

2016年生まれの元気いっぱいな長男と、2018年生まれの注意深い次男との楽しい毎日です!


【3人目妊活】陽性反応出ました。

すっかり更新が途絶えておりまして。。。

というのも3人目の妊活を始めており、そちらに意識が集中していました。
合わせて長男次男がプール熱という。


やっといろいろと落ち着いてきたので最近のことを整理しつつ書いていきます。


2か月ほど前の6月頃から3人目の妊活を始めていました。

最低2人、最高3人という家族計画を一人目妊活時に掲げていて、3人目は上2人が同性の場合3人目を望み、異性の場合は2人で終了しましょうとしていました。
そして見事に上2人が男だったので3人目の妊活を始めた次第です。
それでも旦那氏は2人でもいいんじゃない?というオーラを出しまくっていましたが、私の望みに協力しないんなら私もあなたの望みに協力しないよっていうオーラを出しまくってなんとか3人目の妊活をスタートすることができました。
(私たち夫婦は愛とか情とかそういうのより、どちらかというとメリット・デメリットのバランスのうえに成り立っている関係に近い、と思ってます私は。)


3人目はやはり女の子希望で、ただ男の子でも楽しいし頼もしいよね、とどちらの性別でも問題ないということを100万回は考えたうえでの妊活となります。
ただできれば女の子がほしいという希望を無視することはできないので、今回の妊活はパーコール法を使って臨むことにしました。



子ども連れで且つパーコール法ができる施設を探すのには結構苦労したし、子ども2人連れて通院するのがかなりハードで辛いことも多々ありましたが、現在妊娠検査薬で陽性を示しているため、まず第1段階はクリアしているところです。



まだ胎嚢や心拍の確認がこれからになるので、やきもきしながら毎日を過ごしています。
もし問題なく妊娠していれば現在4週目となります。



人生最後のマタニティ生活、そして出産になることを祈ります。






~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 子育てブログ 2016年4月~17年3月生まれの子へ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

我が家の熱中症対策

いろいろと忙しく、更新をしばらくお休みしておりました。


その間、世間は梅雨入り、そして長い梅雨期間を経た今、夏真っ盛りです。


我が家の近く、徒歩5分弱のところに公園があり、そこでは夏の間水遊びができるようになりました。
うちの二人の男児はやはりそこでお世話になること多々。
午前中1時間半ぐらい全力で水遊びしてもらい、午後はエアコンの効いたお部屋でお昼寝タイム、というのが定番の流れとなりました。


やはり、この猛暑の中、1時間を超える時間を1歳と2歳の子供が遊ぶにはなかなかヘビーで、一瞬で熱中症になってしまうと思うので、そこは親として私が全力で熱中症対策を行わねばなりません。


ということで、我が家の熱中症対策は以下の通りです。
1)朝ご飯を食べる(適度な塩分を取ることを心掛ける)
2)お茶を持っていく
3)塩タブレットを持ち歩く
4)帽子をかぶる、かぶらせる
5)なるべく日陰を歩く
6)頭を触る(熱くなっていないかの確認)
7)30分に1回は最低でもお茶を飲ませるし、常にお茶飲む?と聞く。
8)体調が少しでも悪そうであれば外でない(咳をしてるとか)


こんな感じです。

帽子をかぶらせるのに頭を触って確認?と思いますが、これは次男が帽子嫌いですぐ帽子をとってしまうので、主に次男のための熱中症対策です。


お茶は本当に少しずつでも飲ませないとすぐに汗で流れてしまいます。
水場で遊んでるとつい忘れがちですが、水もすぐにぬるくなってしまうので、軽いお風呂状態になったりもする環境である以上、水分は常にこまめに摂取するよう心掛けています。


あとは塩分が以外と重要(だと思ってる)なので、食事で適度な塩分を取らせるとともに、塩分を含んだ専用の飴やタブレットを携帯しています。
子どもにはまだ飴をあまり食べさせたくないので、タブレットをあげています(ちなみに1歳の子にはまだあげていません)。
とはいえ子どもは1回の外出で1個ぐらいでよいかなと思います。


うちの2歳がおいしいと言って食べるので、
これ↓をあげています。



あとは当たり前かもですが、少しでもいつもと体調が違うな、と思ったら無理をせず家で遊ばせます。
お風呂で水遊びさせたりするだけでもいつもと違ったことができて子どもたちは楽しく(喧嘩しながらも)遊んでくれます。


熱中症になったら大人も子供も大変なので、小さい体の子供はもちろん、自分自身も熱中症にならないように体調や準備は万全にして、楽しく夏を乗り越えていきたいです。






~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 子育てブログ 2016年4月~17年3月生まれの子へ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

幼稚園の見学会。

いよいよ始まりました。
幼稚園の活動なので幼活とでもいうのでしょうか?


今のところ第1希望の幼稚園にて見学会があったので親子4人で行ってきました。


幼稚園の見学会なんて初めて行くので、どんな服装をすればいいのだ?となやみましたが、次男を抱っこしての見学なのでできるかぎり動きやすい服装で行くことにしました。
残念ながら雨だったというのもありカットソーとジーンズでいいや、という服装で行ったところ、周りのママはスーツというわけではないけれどオフィスカジュアルのような服装だったので、若干ラフすぎたか?という不安に。
でも着替えられるわけでもないのでまあいいや忘れよう、と頭から服装のことは消し去りました。


私立の幼稚園といっても、いわゆるお受験みたいなセレブな方々が行くような幼稚園じゃなくて、地域の私立の幼稚園なので、見学に来ていたママさんたちは良いゆるさを感じました。


肝心の長男ですが、一番食いついたのは体育の授業中の見学。
「行ってくるね!」と飛び入り参加しようとするのを何度も止めました(笑)。
給水器もめずらしかったのか、うまれてはじめてなのに給水器で水を飲みまくっていました。


1時間弱の見学会でしたが、施設内をぐるっと見ることができて、園児たちもみな楽しそうだったので私立とか公立とかそういうのは置いといて、長男が幼稚園に通うということが私も楽しみになってきました。

お歌の時間で園児たちが歌っているのを聞いて、少し泣きそうになってしまったのは内緒です(苦笑)。


そんなことより、次男を出産後初めて化粧をしました。
どんだけすっぴんなんだよ!と自分にツッコミ。
まあ化粧すると肌がボコボコに荒れてしまうので、これからもすっぴんの道を進む所存。






~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 子育てブログ 2016年4月~17年3月生まれの子へ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

赤ちゃん返りをしなくても。

長男が1歳半くらいの頃に次男が生まれました。
上の子は赤ちゃん返りするという話をよく聞くのですが、それらしい行動を長男がしなかったので、まだ幼すぎて状況を把握できないからかなと解釈していました。

まあ長男をぺちぺちと攻撃したり、笑いながらゆさゆさ揺らしたりしていたことはありましたけれど、それは赤ちゃん返りとかではなくて単純に未知の生物に対していろいろと試したりしていたのだと思います。


そんなこんなで日々が過ぎてゆき、次男が1歳になって赤ちゃん返りという言葉をすっかり忘れていました。



とある日、お風呂に入るときにまだ一人で立つのがままならない次男を抱っこして入っているのですが、次男がお風呂場で遊ぶことに熱中していてお風呂に入りたそうになかったので、まあ今日はいっか、と先に長男が湯船に浸かっているところに私も入ることにしました。


そして私が座るなり長男が一言。
私の太ももをゆびさしながら「ここ座るね」と。


ん?と思いつつ「はいどうぞー」と太ももを差し出したらちょこんと座る長男。


それ以上何か言うこともなかったのですが、なんだか満足そげな表情をしていました。


本当はずっと座りたかったのかなと。
次男が生まれる前の長男の特等席、次男が生まれた瞬間にその特等席が次男のものになったということに私は気づいていませんでした。


赤ちゃん返りをしてもしなくても、上の子、特に第1子は今まで親の注目を一人で受けていたのが注目の対象が二人になったことで言葉にできない感情をもっているはず。


親の子供に対する向き合い方、行動でそんな思いをさせることもないのかもしれませんが、理想と現実は違って、日々育児に追われる毎日を過ごしているとそういう感情に気付いてあげることができなくなってしまっていて、本当に反省です。


今後もできるだけ長男にさみしい思いをさせないように、次男のお兄ちゃんとして接するのではなくて一人の人間として接していこうと思います。






~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 子育てブログ 2016年4月~17年3月生まれの子へ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ピジョン レンジでケーキセットで誕生日ケーキつくりました

スイーツを作るのが苦手な私ですが、1歳の誕生日を迎える次男に手作りのスイーツを作ってあげたいと思い、いろいろと調べていたところ便利グッズを発見し、即購入しました。

ピジョンのレンジでケーキセットです。




1歳からなので、1歳の誕生日ケーキを作るために存在するのではないかというぐらいドンピシャでした。


どんな商品なのかな?と気になる方には、以下に作ってる時の写真をUPしますので参考にしていただければ幸いです。
ところどころ私の足が映り込んでますが気にしないでください。

ちなみに1歳の次男はもちろん、2歳半の長男も爆食いでした(笑)
Amazonのレビューも高評価です。


スポンジを作るための容器、スポンジ用のミックス、ホイップクリーム用のミックス、ホイップクリームを絞り出すための絞り機(?)が入っていました。
DSC_0281


まずはスポンジ用のミックスと牛乳を混ぜます。
だまができやすいのでそれはスプーンの裏でつぶす感じで混ぜるとのことです。
※詳しい作り方は箱の後ろに書いてますのでそちらを参照ください。
DSC_0282

混ぜ終わったらレンジでチン!でふっくらスポンジが出来上がります。
DSC_0283


熱を取るためにラップでくるんでしばらく放置。
ラップをくるむのは乾燥させないための模様。
DSC_0284


しばらくオムツを取り換えてあげたり遊んであげたりしてスポンジの熱が取れるまでケーキのことは忘れます。

そして熱が取れたらホイップクリームを作ります。
ホイップクリームのミックスをボールに入れて牛乳も入れます。
そして泡だて器でひたすらかき混ぜます。
量が少ないため電動ミキサーは使わないでとのこと。
(泡立たないらしい)
DSC_0285


慣れてない私は5分ほどホイップクリームと格闘しました。
角が立つくらいの硬さになったらおしまい。
1/4にホイップクリームを分けて、1/4をスポンジに塗ります。
スポンジは横に切れ目を入れて半分にしてあります。
DSC_0286

パッケージの写真のフルーツはイチゴなのですが、そんな季節じゃないのでちょっとお高い缶詰を買ってきて、それを小さい一口サイズに切り、乗せていきました。
フルーツを乗せ終わったらさらに1/4のホイップクリーム、そのうえにスポンジ・・・という感じでケーキを作り上げていきます。

DSC_0287


ろうそくの替りに缶詰に入っていたさくらんぼを真ん中に飾って完成!
うまい人はもっときれいにできるんでしょうけれど、スイーツづくりが苦手というかやる気もない私がここまでできたのだからこの商品、神です。

そのあとは長男と次男でおいしくいただいてくれました。


熱を取る時間を入れなければ合計30分ぐらいでしょうか。
スイーツづくりが得意な人はもっと短いと思います。


普段ベビーフードばかりで少し心を痛めているママ(私がそう)、このケーキを作ってそのうしろめたさを払拭してはいかがでしょうか(私がそう)。






~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 子育てブログ 2016年4月~17年3月生まれの子へ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
プロフィール

<もこ>
2016年秋生まれの長男と、2018年梅雨生まれの次男の30代ワーママです。
内向的ゆえに息子たちとおうちにいる時間が最も生き生きしています。
内向的でも人生楽しいよ!居場所は作ろうと思えばつくれるよ!をモットーに毎日を生きています。

記事検索
スポンサーリンク
ブログ村
メッセージ
プライバシーポリシー

Adsense

当ブログでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

Amazonアフィリエイト

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

著作権について

当サイトでは、自前の画像または著作権フリーの画像しか使用しておりません。