料理は適当派な私ですが、学生時代は家庭科で5を取れるぐらいのセンスはありました。
とはいえ、毎日家族に安定したおいしい料理を提供し続けるというのは学校では培うことのできない技術であり、仕事一筋な20代を過ごしてきた私はそんな技術を磨く余裕もなく、気付いたら母親になっていました。


それじゃだめなんだよな、とずっと心の奥底にもやもやとしたものがこびりついていて、息子の離乳食開始が目の前に迫った今、やっと重い腰を上げて料理を一からきちんと作って技術を身につけていくことにしました。


そこで、息子のお散歩がてら本屋に行き、これはいいなと思った本を1冊購入して、それを先生がわりに料理を作ることにしました。
購入した本はこれです。



オーソドックスな料理を一通りマスターすれば、きっと応用もきくようになるかなと選んだ一冊です。


ということで早速、ぶりの照り焼きをつくりました。
 image
んー、なんだか照っていない・・・(´・ω・`)
何度も作って、得意料理にしよう。


今回ぶりの照り焼きを作って学んだことは、あまり動かさないこと
なんだかどんどんぼろぼろになっていくぶりが痛々しく・・・。


こんな感じで料理の腕が上がったかどうかを時系列で追うために、料理練習についてもUPしていこうと思います。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 子育てブログ 2016年4月~17年3月生まれの子へ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~