内向的ママの子育て日記。

2016年生まれの元気いっぱいな長男と、2018年生まれの注意深い次男との楽しい毎日です!

2016年08月

ゆりかご・たいとう面接受けました。

※以下は、平成28年8月時点の情報です。

ゆりかご・たいとう面接という、妊婦さん向けのサービスが、
ちょうど今年度(28年度)からはじまりました。

私は病院の壁の貼り紙をみて知りました。

台東区に引っ越した私は早速行くことに。
何を隠そう、1万円のこども商品券に釣られたのがきっかけです(笑)

面接は予約なしでも受けられるようなのですが、
着いたらすぐに面接を受けたかったので事前に電話で予約をしておきました。
すんなりと予約が完了しましたので、まだあまり浸透していない制度なのかもしれません。

場所は台東保健所。
(保健相談センターというところでも受けられるみたい。)
南めぐりんのバスで台東保健所前まで連れて行ってくれるので、
そのバスに揺られて台東保健所へ。

ちなみにめぐりんバスは超お勧めです。
100円で乗れます!
もちろんSuicaやPASMOも使えます。

面接といっても、いろいろと台東区のサービスや
妊娠にまつわる知識をかいつまんで教えてくれたので、
身構える必要は全然ありません。
と言いつつ内向的な私は事前に脳内シュミレーションを何度行ったことか・・・(´・ω・`)

面接は約30分ぐらいでした。
おそらく30分以内で面接を終わらせるよう指示されているのだと思います。

ただ私は台東区に引っ越した際に、
妊娠の手続きをしていなかったので、
その手続きを含めると40分ぐらいでした。

30分しかお話が聞ける時間がないので、あらかじめ何を聞きたいのか
観点をしぼってから面接すると良いと思います。
聞きたい内容を事前にメモしておくとよいと思います。

私は保育園の状況がとても気になったのでその点について質問。
ざっくり教えていただき、もっと詳しい話を聞きたい場合は
区役所のどこそこに行けば教えてもらえますよ、とのことでしたので、
面接が終わった後区役所に直行しました。
(台東区の保育園、かなり競争率が激しいみたいですよ・・・。)ボソリ

面接を受けるとこども商品券1万円分をいただけますので、
ぜひ受けてみることをお勧めします。
赤ちゃん本舗とかトイザラスで使えるみたいです。

なにかと物入りな妊娠・出産ですので、
往復の交通費等を含めても十分お釣りがきます。
私はまだ使っていないですが、ベビーカーの購入資金にしようと考えています。

また、結構いろんなサービスあるということを知ることができましたので、
それもっと早く知りたかった!なんてことが起きる前に
事前に情報収集は行っておいた方が吉です。

ぜひ台東区民の方々は、ゆりかご・たいとう面接を受けてみてください。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 子育てブログ 2016年4月~17年3月生まれの子へ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

節約楽しい。

節約、といっても今まで外食ばかりだったのを料理するようにしたとか、
朝ごはんはコンビニで買っていたのを、これまた手作りのパン
(っていってもホットケーキミックスを使って炊飯器で焼いたやつだけれど)を
もっていくようにし始めた、というレベル。

ベビー用品のサンプルももらうようにし始めました。
オムツとかスティックタイプのミルクとか石鹸がちょくちょく送られてくるように。

スーパーは週1回行くだけ、を原則とし、
冷蔵庫の中のものだけでどうにかするという生活を送っています。
(でも、帰宅が遅くなってしまうとやっぱりコンビニで買ってしまう・・・)

旦那氏にもできるだけ家ご飯を食べてもらうようにしていて、
飲み会に行く前にも「だったらご飯食べていけば!」と食事を作ります。
空腹状態で飲んでも酔いが回るだけだし、
きっと余計な注文をしなくなるだろうし、一石二鳥!

楽しい、楽しい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

↓ホットケーキミックスを炊飯器で焼いたやつ。
20160828_2
↓ぱかっ
20160828_1

でっかい鈴カステラみたいなフォルム。
追加で砂糖とか加えてないから素朴な甘さで
朝ご飯にぴったり!

平日2週間分は余裕で足りる大きさなのも魅力!
(ホットケーキミックス300gで作りました)



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 子育てブログ 2016年4月~17年3月生まれの子へ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

電車で席を譲られるのが苦手。

妊娠8ヶ月後半に入って、通勤時間が徒歩数分から50分ぐらいに。
お客様先へほぼ常駐状態となりました。

それは別にかまわないのだけれど、
電車に乗る生活になったからまあ大変。

満員電車を避けるため、すこし時間を遅らせての出社を許してもらっていて、
結構な確率で座ることができます。

ただ、やっぱりどの席も埋まっているときがあって、
そんなときは当たり前だけれど立っていなければなりません。

私は別にかまわない。。。
妊娠8ヶ月って結構動けるなぁと思っていたし。。。

ただ、日本人は親切なのか席を譲ってくれる方がとても多いことを知りました。
立っていると譲ってくれる人が多いのです。
とくに女性。

「どうぞー」
「・・・」(無言で席を去る)
「ごめんなさい気付かなくて!」 


譲ってくれる方法はいろんなパターンがあります。

「すみません、ありがとうございます。」
と感謝の意を伝えて座るのだけれど、心の中では「ごめんなさい」とつぶやいている私。

妊娠しているのは自分の都合だし、20分弱ぐらいならば
つかまるところさえあれば立っていられるし、
みんなだって仕事で疲れているだろうに・・・。

そんな気分になってしまいます。

けれど、私が拒否をしてしまうと、私以外の妊婦の方に席を譲らなくなってしまうかもしれない。
だから私は譲っていただいたら座ることにしています。

---
そういえばマタニティーマークは結局鞄につけることはありませんでした。
付けてる方が危険だ、という話もよく聞きいたのと、
妊娠中とわからない妊娠初期の方が周りの人に分かってもらうために付けるのが主のマークなので、
その頃電車通勤ではなかった私には出番がありませんでした。
つわりもそこまでひどくなかったし。

ただ、妊娠後期に入ったころにサンプルで貰ったマタニティーマークが可愛くて、
ケータイのストラップにつけてました。
あんまり意味ない(笑)

マタニティーマークを付けてると、なんだかお腹の中に赤ちゃんがいるということが
すごく幸せなことに思えてきて、だったらもっと早くにつけててもよかったなぁと
後になって思いました。
そういうのが幸せアピールに見えて、危ない目にあうのかもしれないけれど・・・。

そういう私も不妊期間があった後に授かった子なので、
一時期マタニティーマークも赤ちゃんもみるのがすごく心痛かったなぁ。
仕方ない、仕方ない、って言い聞かせていたけれど・・・。


---
だらだら書きましたが、自分の体と相談して、
マタニティーマークをうまく活用していければよいかと私は思います。

そして、出産まであと2カ月。
 


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 子育てブログ 2016年4月~17年3月生まれの子へ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

内向的な性質は自分を守るもの。

内向的、それが日々の生活に支障をきたすようなレベルになってくると、
それを社会不安障害という病名になります。

私は、その社会不安障害と診断されました。

20歳のころに、私的には大きな失敗をして、
おかしいな、変だなと思い心療内科で診てもらったところ、
社会不安障害だと診断されました。

ただいまではその病気と折り合いをつけながら生きています。
生活に大きな支障が出ているわけではありません。

内向的な性格はやはり日々の生活にねっとりくっついていて、
外向的な人からみると、とても生きづらい性格に見えるはずです。

道に迷った時に、すぐに道端の人に聞けばわかるかもしれないのに、
スマホで一生懸命地図を見て、
自分の勘を信じて目的地に行こうとする。
それ私です。

お店で、店員さんを呼べばすぐに解決するのに、
いろいろ頭の中で脳内シュミレーションをして、
やっと声をかけることができる。
それ私です。

集まりが怖い。
それ私です。

人にプレゼントをあげるのに躊躇します。
それ私です。


これがすべて内向的な人たちの特徴ではありませんが、
こういう傾向はみられると思います。
そして一見、とても損をしているように見えます。

誰でも躊躇なく話せて、自分のテリトリー内に親しくない人が入ってきても
あまり気にならない人生は楽だということは私にでも分かります。

外向的な人から見たら、内向的な人の人生は生きづらく見えてしまうでしょう。

でもそれは仕方ないし、そんな性質は否定するではなく、
まずは受け入れた方がいい、と私は思っています。

その状況に折り合いをつけながら、自分の生きやすい人生を構築することのほうが
私は有意義だと思っているし、
ただただ生きづらいから自分駄目だ、という自己否定につなげるのは
自分がもったいないと思うからです。


自分には自分の良さがあるし、人や物事に対して警戒心があるということは
きっと生物学的上有利に働いていることもあるでしょう。

自分を地球上の生き物のごく一部と考えたら、
こんな人間いてもいいし、そんな人間が周りと折り合いをつけながら
いきいきと生きていける状況を作ることはとても重要なことだと
私は考えています。

また、外向的な人たちが生きやすい世界であるという事実を
私は否定するつもりはありません。

私が求める世界は、外向的な人たちは内向的な人たちの良さを知り、
内向的な人たちは外向的な人たちの良さを知り
(内向的な人たちは外向的な人たちが苦手であることが多い)、
お互いが共存しあえる世界です。

それは実現可能な世界だと、私は信じています。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 子育てブログ 2016年4月~17年3月生まれの子へ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ごみ捨ては夜中。

新居は、ゴミ捨て場が各階に存在するので、ごみ捨てがより楽になりました。

ただ、今までは賃貸だったからか、マンション内の人に出会っても
とくに挨拶もせずにスルー、が基本だったのに、
分譲フロアだからなのか挨拶することが基本に。

しかも長くすむことになるだろうから変な格好で会うことも憚られてしまいます。

ということで、ムームー一丁で
マンション内をぱたぱた歩くことができなくなってしまいました。

できるだけ人に会いたくない性なので、
ごみ捨ては大体日付が変わるか変わらないかの夜中に行くように。

まあそれも内向的ゆえの生きやすさを追求する結果のひとつです。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 子育てブログ 2016年4月~17年3月生まれの子へ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
プロフィール

<もこ>
2016年秋生まれの長男と、2018年梅雨生まれの次男の30代ワーママです。
内向的ゆえに息子たちとおうちにいる時間が最も生き生きしています。
内向的でも人生楽しいよ!居場所は作ろうと思えばつくれるよ!をモットーに毎日を生きています。

記事検索
スポンサーリンク
ブログ村
メッセージ
プライバシーポリシー

Adsense

当ブログでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

Amazonアフィリエイト

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

著作権について

当サイトでは、自前の画像または著作権フリーの画像しか使用しておりません。