内向的ママの子育て日記。

2016年生まれの元気いっぱいな長男と、2018年生まれの注意深い次男との楽しい毎日です!

2018年03月

【27w1d】7ヶ月2回目の検診。

妊娠も7ヶ月に入り、1ヶ月に2回のペースになりました。
だいぶ進んだなぁ・・・。


やはり体重コントロールはネックで、前日に実家に遊びに行ったものだから、目いっぱいおいしいものを食べて、夜ご飯は軽めに。
当日は2週間前に比べて+500gと、1ヶ月1kg以内ペースで考えれば想定内のペースで指導無し。


この日は中期検査があったので採血したり、経膣エコーをしました。
採血は次回検診時に結果がわかるとのこと。
経膣エコーについては特に問題なし、頸管長も問題なし。


問題があるとすれば、便秘。


前回ピコスルファートナトリウムを処方してもらったのですが、それを飲んでもうんともすんとも言わないようで、7~12時間以内には効果が出てくるはずなのに、24時間以上経過してはじめて大をもよおす、というよくわからない状態に。


遅いとはいえ効果があるのか、はたまた効果はなくて単純な便意なのか謎。


そんなこんなで、プラスでマグミットを飲んでいても2,3日に1回のペースとなっております。


もっとすっきりすっぽーんと出したいなぁ。
妊娠前はほぼ毎日すっきりすっぽーんと出ていたのだけれどなぁ。


おなかの息子は胎動も激しく、元気いっぱい。
問題もなく順調に1000gを超えました。


予定日まであと約3ヶ月。





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 子育てブログ 2016年4月~17年3月生まれの子へ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【26w6d】1日が一瞬で終わる。

26w6d。


おなかもだいぶ大きくなってきて、そろそろ体力が無い私にとっては1日を生き抜くのにつらい日々がやってきました。


第1子妊娠中は仕事はしていたけれどすべて自分のペースで進めることが出来たのがよかったが、今は今目の前にいる息子が主軸で1日が回る回る。


怒涛の1日の内容ですが、読まなくてもいいです、長いですorz

朝は7時過ぎには私の毛布を剥ぎ取られ、仕方なく起きてミルクを飲んでもらうと早速うんち。
心が無の状態のままおむつを交換していると、うんちをしたからかおなかが減った!そこのパンくれ!とばかりにパンを指差してぎゃーぎゃー騒ぎ始めるので朝ごはんの用意。
なんだかんだで朝のお散歩の時間がやってくるので公園に向かい、30分間フリータイム。
公園ではフリーすぎて公園から脱走しようとしたり、喫煙コーナーのほうに突進していったりと、なかなか手放しで遊ばせることが出来なくヘロヘロになる私。
その後お買い物をして自宅に戻って私の朝ごはん兼昼ごはん。
その時間も静かにご飯を食べさせてくれるわけでもなく、私のご飯を狙う食欲モンスターの息子。
公園でハッスルしたこともあり、いったん自分の食事を中断しておやつをあげる。
静かにおやつを食べている間に私はご飯をかっこんで終わり。
そこから仕事を少し片付けるともう息子のお昼ご飯。
お昼ごはんを食べ終わるとお昼寝することが多いのでその間に家事を少し。
1時間程度でお昼寝が終わるので絵本を読んであげたり、youtubeで英語の曲を流したり。
そんなことをしていると私がウトウトしてくるので少しお昼寝しようとすると、「きゃー!!!」といいながら私の毛布を剥ぎ取る息子。
寝られないまま夕ご飯の時間に突入。
息子のご飯を作ってあげてボーっとしているとお風呂の時間があっという間にやってくるので一緒にお風呂に入る。
お風呂から上がってパジャマを着させて歯を磨いて、就寝・・・。
息子が寝たら私は自分と旦那氏の夕飯を作り、私一人で夕飯を食べて、残りの仕事を片付ける。
気付くと時計のてっぺん越えている。



ど・・・怒涛。


世の中のママたちは本当にすごい、こんな日々を乗り越えてきてるんだ・・・。


私、まだまだきちんと出来ていない・・・。


それでもまた1日は始まるので、ちゃんと食べて毎日を生き抜いていきます。





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 子育てブログ 2016年4月~17年3月生まれの子へ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

昼より朝のお散歩がいいかも。

いつも11時過ぎぐらいに息子と公園をお散歩していましたが、金曜日のアンパンマンを観せたいがために、時間を前倒しして9時に公園をお散歩してみました。


そうすると、いつもは近くの保育園・幼稚園の子供たちや、周辺にお住まいの親子たちがたくさん遊んでいる公園が、子供が一人もいない公園となっていました。


いるとすれば、通勤中?のサラリーマンだったり、朝の優雅なお散歩をしているおじいさん・おばあさんたちがベンチに座っている程度。


公園のすべての遊具は俺たちのものだ!といわんばかりに息子を解き放ちました。


そういうときに限って、公園から外に出たがったり、広場で走り回るだけだったり、と、遊具に対して興味を一切持たず。


あまのじゃくボーイめ!


とはいえ、思いっきり遊ばしてあげることができたので、この時間帯のお散歩が日課になりそうな気配です。


最近、遅寝遅起のママだったので、生活リズムを正すのにちょうどよいかも(^^;)





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 子育てブログ 2016年4月~17年3月生まれの子へ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【26w2d】痔、再び。

最近マグミットに頼りすぎている気がしていて。
それでもでなくなりつつあり、下剤(ピコスルファートナトリウム)を処方していただいていて。


薬にばかり頼っていても、出産後便秘が続くようでは意味が無いなぁと、マグミットを少しお休みすることにしました(自己判断)。


2日ぐらいでなくても、定期的に出てくれればいいかなと、しばらく様子をみつつ、オリゴ糖を買ってきてヨーグルトに混ぜて毎日食べる、というのは欠かさずやるようにしました。


そうすることで、やっぱり毎日は出ないのですが、2日に1回ペースでは出てくれるようになりました。


ただひとつ問題が・・・。
マグミットを飲まなくなったので便が硬めになったからか、痔が再発しましたorz


体感で10段階の2ぐらいの痛さなので、日常生活には支障はでないのですが、これが悪化するととたんに地獄がまたやってくる、となると怖くて怖くてたまりません。


もういやだ、あの痛みに支配される日々は・・・。
痔の痛さを物語る過去記事。


いっそ患部に針でも刺して血を無理にでも出してしまおうか・・・。


トイレが怖い毎日です。






~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 子育てブログ 2016年4月~17年3月生まれの子へ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

おうちで0円、マタニティヨガ。

第1子妊娠前はホットヨガにたびたび通っていましたが、妊娠を期にヨガから遠ざかっていました。


それから2年ほど経ち・・・。
第2子出産に向けて、おうちでマタニティヨガをやることにしました。


1歳の子がいる状態で通うのは難しいので、youtubeを観ながら夜な夜なマタニティヨガをする日々が始まりました。


あまり無理しないほうが継続するかな、と思い、毎日とまでは行かなくとも週に5日ぐらいは30分くらいやるようにしています。


ある日、旦那氏の前でヨガをしていたのですが、なんかこう後ろから
「なんか背中が曲がってる」だの
「何が治るの?」だの(治すもんじゃないし)
「ヨガの先生ってこんなしゃべり方するの?」だの(どうでもいいだろう)、
集中力を著しく削ぐため、旦那氏がいるときにはやらないようにしました。


人のやる気を阻害するのが得意なんだろうか・・・。



第2子は第1子の半分の時間で産むことが多いからね!と助産師さんにいわれているので、
それを実現するためにいまから下半身を強化したりして、今回も安産を目指します。






~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 子育てブログ 2016年4月~17年3月生まれの子へ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
プロフィール

<もこ>
2016年秋生まれの長男と、2018年梅雨生まれの次男の30代ワーママです。
内向的ゆえに息子たちとおうちにいる時間が最も生き生きしています。
内向的でも人生楽しいよ!居場所は作ろうと思えばつくれるよ!をモットーに毎日を生きています。

記事検索
スポンサーリンク
ブログ村
メッセージ
プライバシーポリシー

Adsense

当ブログでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

Amazonアフィリエイト

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

著作権について

当サイトでは、自前の画像または著作権フリーの画像しか使用しておりません。