内向的ママの子育て日記。

2016年生まれの元気いっぱいな長男と、2018年生まれの注意深い次男との楽しい毎日です!

2019年01月

【トイトレ】言語は大切。

2歳3か月の長男、トイレトレーニングをゆるく初めて結構経ちました。


まだまだウンチはオムツでするほうが回数が多いけれど6:4ぐらいでトイレでもできるようになってきました。


そうなると焦ってまでトイレトレーニングはしたくないな、と思っていたのに次第にトイレでしてもらうほうが始末が楽なので、オムツでしたときに「なんで知らせてくれなかったの?」というイライラが生まれてきてしまうようになってきてしまいました。


いつまでもオムツ生活が続くわけでもなく、遅かれ早かれ自分の力でトイレをすることができるようになるのに、少しでもできる兆しが見えてくると変に期待してしまう自分にちょっと反省...


ですが最近は少し会話ができるようになってきたのもあって、以前は便座にまたがったときに本当にウンチするかどうかがわからなかったのが
「ぽちゃんする?」※意:うんちする?
と聞くと、ウンチをしたいときは「ぽちゃんする」と話せるようになり、また実際にトイレでウンチをしたら「ぽちゃんした」と教えてくれるので、だいぶトイレに関するコミュニケーションをとれるようになってきました。


トイレトレーニングはやはり言葉でのコミュニケーションがとれるかとれないか、というのは結構大きなカギとなっていると思います。
保育園や幼稚園の関係でできるだけ早く!と意気込む気持ちはわかるのですが、言葉でコミュニケーションが取れない間は結局、遠回りになってしまうと思います。
簡単な質問に対して、返答してくれるくらいに成長してからトイレトレーニングをしたほうが、意外とあっさりクリアしてしまうんじゃないかな?と私は思います。

次男はまだまだ先の話ですが、やっぱりトイレトレーニングは2歳になってから始める、で十分かなと思っています。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 子育てブログ 2016年4月~17年3月生まれの子へ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

第3子を考えてもいいのだろうか。

悩みというか、なんというか。。。
あまりすっきりしない話なので、そんな話読みたくないわ、という人は回れ右でお願いします。


**********

もともと第1子を授かる前の家族計画では、男女両方ほしい、なのでもし連続で第1子と第2子が同じ性別だった場合は第3子まで生みたいと思っていました。


そして実際二人生むことができ、性別は二人とも男の子。
とてもかわいいし、この二人以外は考えられないぐらい私の子供だ!と自信を持って言える子たちです。
ですが当初の家族計画を考えるとこの場合は第3子を望むということになり、私自身の希望としては第3子まで生みたいと思っています。


ですが、実際に二人を育てていて、私も在宅の仕事を抱えて旦那氏はほぼほぼ家には寝に帰ってくるような生活(それでも昔よりはましになった)で必然的にワンオペ育児な今、第3子を授かったところで私はその子を幸せに育てることができるのだろうか、という疑問がうっすら湧いているのも現状でして。


幸せにする覚悟がなかったら生むな!と言われればその通りかと思います。
でも生みたいという思いのほうが強く、授かった場合には第1子第2子と同じぐらい第3子も幸せにする覚悟はできると思います。


そこで更なる壁になるのが旦那氏の希望。
同僚からはたくさん育てなよ!みたいな謎のエールを送られているようで、しかも本人もまんざらでは無いようなのですが、言葉のある程度通じはじめている長男と遊ぶのは楽しいらしいのですが、まだまだ乳飲み子の次男との接し方は苦手なようで、次男が泣いているのに長男とばかり遊ぶ姿を見てしまうともやもやとしてしまいます。


おそらく第3子の妊活をする場合は、第2子と同じように人工授精からいきなり突入することになると思いますが、私と旦那氏の思いが同じになって、二人で一緒に3人目も頑張って育てようね!とならないとなかなか第3子の妊活開始まではいかない気がします。
そうやってずるずると先延ばしにする時間は私の年齢的にあまりないのですが、二人で話し合う機会を私が何となく避けているので、当分は第3子は望めないのかもしれない、とまたもやもやもやする日々を過ごしている現状です。


出口がないお話でゴメンナサイ(´・ω・`)





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 子育てブログ 2016年4月~17年3月生まれの子へ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

かゆみ・湿疹はあなどれない...

長男は基本的には元気いっぱいで病気もほとんどしないのですが、冬の乾燥にだけは弱く、毎年肌荒れが起こります。


今回の冬も肌が乾燥してかゆみを発症し、ぼりぼりと掻くようになってしまいました。
今までは処方されたヒルドイドを塗っていれば数日もしないうちに治まっていたのですが、今回はそんな簡単に治まらず、日に日に赤い湿疹が体を覆い始めてしまいました。
ベビーローションやユースキンを塗ってみても一時的にしか効果が無いようで、徐々に悪化...


どうしようかな、皮膚科がいいのかな、小児科でいいのかなと迷っているうちに夜中起きだしてしまうほどに体が痒くなってしまい、翌日すぐに家の近くの小児科へ行くことにしました。


小児科で見てもらうと診断は一瞬でした。
弱ステロイドの塗り薬と、かゆみを止める顆粒、ヒルドイド軟膏を処方してもらいました。
10日間は塗り薬と顆粒を飲み、かゆみがおさまって傷が治ったところでヒルドイドを塗るという流れとのこと。


薬局で処方されたときに、ヒルドイドは血流を良くして肌を再生する効果があるとのことで、今の段階で塗ってしまうと逆に痒くなってしまうとのこと。
これは勉強になりました。
ヒルドイドって万能だ!って思っていたので。


湿疹は侮れないな、と反省した日となりました。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 子育てブログ 2016年4月~17年3月生まれの子へ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【斜頭症】第1回目測定結果。

初回測定してから6週間、ヘルメット装着してからは3週間が経ちました。
ヘルメット装着後1回目の測定となりました。


結果、思った以上に改善していました!



斜頭のレベルが4の中度だったのが、2の軽度となっていました。
しかも正常のレベル1にあと一歩及ばないかなくらいの値。
もしこの状態で計測に来ていただいていたら、きっとヘルメット療法はしてなかったかもしれないですね!とお褒め(?)のお言葉をいただきました。


たしかに触った感じも見た目も左後頭部が絶壁だったのがまぁるくなってきていて、全体の歪みが解消されてきているように感じます。


前頭部は左側が出ていて右側を成長させているところですが、前頭部は結果が出にくいとのことでこれは引き続き様子見で。
でも左側は現状維持で右側の成長はみられました。

ヘルメット治療前(6週前)が赤、第1回目測定結果が青です。
無題
右後頭部がとがっていて、左後頭部が右側ほど丸みがなかったのが、3週間の装着で左後頭部だけ成長しているのがわかります。

無題無題
左:6週間前 右:第1回目測定時
角度は若干違いますが、だいぶ左後頭部が丸くなった感じです。


2回目の測定は3週間後になるので、引き続き23時間を目指して、肌に影響が出ない範囲でがんばります。


斜頭症についての記事カテゴリです、一気に読めます。
※斜頭症のカテゴリ※

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
こちらにお世話になっています。
AHSJapan スターバンド AHSJapan
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 子育てブログ 2016年4月~17年3月生まれの子へ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
プロフィール

<もこ>
2016年秋生まれの長男と、2018年梅雨生まれの次男の30代ワーママです。
内向的ゆえに息子たちとおうちにいる時間が最も生き生きしています。
内向的でも人生楽しいよ!居場所は作ろうと思えばつくれるよ!をモットーに毎日を生きています。

記事検索
スポンサーリンク
ブログ村
メッセージ
プライバシーポリシー

Adsense

当ブログでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

Amazonアフィリエイト

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

著作権について

当サイトでは、自前の画像または著作権フリーの画像しか使用しておりません。