内向的ママの子育て日記。

2016年生まれの元気いっぱいな長男と、2018年生まれの注意深い次男との楽しい毎日です!

2019年04月

【幼稚園準備】いろんなひととコミュニケーションを。

長男も早いもので来年には幼稚園に入園となります。
それは1年後ではありますが、どの幼稚園に入園するのかの決定や申込み等を踏まえるともう2、3か月後から幼稚園への準備が始まります。


今はまだ公立は私立か迷っているところなのですが、候補の私立幼稚園だと親子面接や子供だけ集められて様子を観察する?ようなチェックがあるようなので、お受験とまではいかないですが、この親子と一緒に幼稚園生活をしたいと思われるような家族になれるように今から動いていこうと考えています。


まずは第一歩として(一歩にもなってないかもしれないですが)、近くの児童館や公園に行くようにしています。


まだ一人っ子のときは毎日公園に行けていたのですが、二人目が生まれると二人連れてのお出かけは一人だけの時よりも数段階難易度が増し、公園に行く機会がかなり減っていました。


それだけだと人と接する機会が限られてしまうので、頑張るのは私だけなんだから頑張ろうと出かける機会を増やしています。
児童館なら二人連れて行っても外に出る心配はないので安心ですし、児童館で遊んだあとに公園に行くという流れならば次男は抱っこで眠ってしまうことが多いので長男も次男も満足かなという作戦です。


長男の性格は見ていると人と接することが好きなようなので、できるだけいろんな人といろんなコミュニケーションをとれる機会を与えていければ成長につながると考えて、親である私ががんばろうと奮起しているところです。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 子育てブログ 2016年4月~17年3月生まれの子へ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

コンビニおにぎりを離乳食に。

写真を撮っておけばよかったと後悔しつつ。。。


夕飯どうしよう、離乳食なにつくろう、と悩んでいたとある日。
いつもいつもBFで、BFを使うのはいいのですが近くのスーパーで購入しているので4種類ぐらいをぐるぐるローテーションするような状態になっており、さすがにほかの方法を模索していました。



そしてそこに偶然あったコンビニおにぎり(鮭)!
これを離乳食にしたらどうだろうかと私の中で盛り上がることに。
コンビニおにぎりおじやを作ることにしました。



手順はいたって簡単。
1)鍋(ミルクパンサイズでOK)でお湯を200~300cc程度入れて沸騰させる。

2)お湯にコンビニおにぎりを手で4,5等分程度にちぎりいれる。
その際、のりは2/3程度は外したほうがいいです(自分で食べちゃってください)。
全部入れると入れすぎです、おじやがのりの色になります(笑)

3)あとはそのときのお子さんが食べられる程度に煮てください。
お湯は適宜足したりしてください。
卵大丈夫な子は入れてもいいと思います。


はい、できあがり。
おそらく2~3食分はできます。
たくさん食べるうちの次男には2食分相当となりました。


塩分が気になる、という方は別で卵、野菜、豆腐等を追加してかさ増しすれば、1食分あたりの食塩含有量は減りますし、栄養バランスもよりUP。


あー、どうしようかなー、離乳食つくるの面倒だなー、でもBFはちょっと避けたいなー、という方には少し心が軽くなる一品です。


おためしあれ。


(次男はばくばく食べました)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 子育てブログ 2016年4月~17年3月生まれの子へ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
プロフィール

<もこ>
2016年秋生まれの長男と、2018年梅雨生まれの次男の30代ワーママです。
内向的ゆえに息子たちとおうちにいる時間が最も生き生きしています。
内向的でも人生楽しいよ!居場所は作ろうと思えばつくれるよ!をモットーに毎日を生きています。

記事検索
スポンサーリンク
ブログ村
メッセージ
プライバシーポリシー

Adsense

当ブログでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

Amazonアフィリエイト

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

著作権について

当サイトでは、自前の画像または著作権フリーの画像しか使用しておりません。