前回受診から2週間ほど経過しておりますがおそらく妊娠継続中です。
今回もNIPTを受けて染色体と遺伝子の検査をしました。


結果、今回検査した対象はすべて問題ないようで安心しております。
(検査対象になっていないものに異常がある可能性があるということは十分理解してます。)


その検査で同時にわかるのが性別。
第1子と第2子が男の子だったため第3子に踏み切ったわけなので、できれば女の子がいいなという希望がありました。
まあ結局健康体ならどっちでもいいのですが希望として。


検査の結果、Y染色体は検出されなかったため女の子ということがわかりました。

ただただ運に任せたわけではなく、今回はパーコール法を使用しての産み分けを実施したのでほっとしています。


パーコール法での産み分けは100%ではないですし、正確な確率はわからないようですが女児が生まれる確率はおおよそ6割~7割では?という見解が多いようなので、すこおし女の子が産まれる可能性が高まるかなぁ、という方法にはなります。


それなのに通常の人工授精と比べてだいぶ割高(私の通ったクリニックでは2倍以上したと思う)なので、お財布が痛む賭けでした。


ネットでパーコール法を実施した人を探してみると、男の子でしたという話をよく目にしたので不安はありました。


今回は私の場合はうまくいきました、という1例になれれば幸いです。
(まだ安定期にも入ってないけど・・・)






~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 子育てブログ 2016年4月~17年3月生まれの子へ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~