いろいろと忙しく、更新をしばらくお休みしておりました。


その間、世間は梅雨入り、そして長い梅雨期間を経た今、夏真っ盛りです。


我が家の近く、徒歩5分弱のところに公園があり、そこでは夏の間水遊びができるようになりました。
うちの二人の男児はやはりそこでお世話になること多々。
午前中1時間半ぐらい全力で水遊びしてもらい、午後はエアコンの効いたお部屋でお昼寝タイム、というのが定番の流れとなりました。


やはり、この猛暑の中、1時間を超える時間を1歳と2歳の子供が遊ぶにはなかなかヘビーで、一瞬で熱中症になってしまうと思うので、そこは親として私が全力で熱中症対策を行わねばなりません。


ということで、我が家の熱中症対策は以下の通りです。
1)朝ご飯を食べる(適度な塩分を取ることを心掛ける)
2)お茶を持っていく
3)塩タブレットを持ち歩く
4)帽子をかぶる、かぶらせる
5)なるべく日陰を歩く
6)頭を触る(熱くなっていないかの確認)
7)30分に1回は最低でもお茶を飲ませるし、常にお茶飲む?と聞く。
8)体調が少しでも悪そうであれば外でない(咳をしてるとか)


こんな感じです。

帽子をかぶらせるのに頭を触って確認?と思いますが、これは次男が帽子嫌いですぐ帽子をとってしまうので、主に次男のための熱中症対策です。


お茶は本当に少しずつでも飲ませないとすぐに汗で流れてしまいます。
水場で遊んでるとつい忘れがちですが、水もすぐにぬるくなってしまうので、軽いお風呂状態になったりもする環境である以上、水分は常にこまめに摂取するよう心掛けています。


あとは塩分が以外と重要(だと思ってる)なので、食事で適度な塩分を取らせるとともに、塩分を含んだ専用の飴やタブレットを携帯しています。
子どもにはまだ飴をあまり食べさせたくないので、タブレットをあげています(ちなみに1歳の子にはまだあげていません)。
とはいえ子どもは1回の外出で1個ぐらいでよいかなと思います。


うちの2歳がおいしいと言って食べるので、
これ↓をあげています。



あとは当たり前かもですが、少しでもいつもと体調が違うな、と思ったら無理をせず家で遊ばせます。
お風呂で水遊びさせたりするだけでもいつもと違ったことができて子どもたちは楽しく(喧嘩しながらも)遊んでくれます。


熱中症になったら大人も子供も大変なので、小さい体の子供はもちろん、自分自身も熱中症にならないように体調や準備は万全にして、楽しく夏を乗り越えていきたいです。






~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 子育てブログ 2016年4月~17年3月生まれの子へ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~