まさかこの世紀末臭漂う最中に妊娠しているなんぞ思いもよらなかった昨年末。
妊娠確定したときは不安と期待に包まれながらも一歩一歩着実にハードルを乗り越えていく我が子に幸せな未来を見ていた。


来るであろう幸せな未来像は今も持っているけれど、その未来が当時よりもだいぶ霞んだものになってしまったこのコロナ騒動。


ミルクやおむつ、母乳パッドはちゃんと手に入るかしら。
哺乳瓶の消毒液は今売り切れと聞く。
病院はコロナ感染者がいるから、もし産まれてもまだこの感じであれば予防接種に行くのにも恐怖。


いろいろな不安はあります。


もともとインドア派なのでStayHomeはそこまで苦ではないのですが、長男と次男がずっと家の中にいるというのがかわいそう。
スーパーは私一人で行かないと、やたらと周りをさわりまくる子供たちが危険だし。


せいぜいマンションの屋上で日向ぼっこさせるぐらいのことしかできず。


早く薬ができるなりして収束してほしい。
そのためにも今は我慢して家に閉じこもることにします。






~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 子育てブログ 2016年4月~17年3月生まれの子へ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~