いまさらですが、振りかえりです。

生後0カ月目。

もう、これはあの陣痛を乗り越えた先の出会いからスタートです。

・体重3738グラム、身長53センチで産まれた息子、
胎児ネームは「ぴよ」だったけれど、
そんな小さそうな名前に似合わない大きく元気な男の子が産まれました。

・糖水からゆっくりミルクと母乳へ移行するはずが、生後1日目で「それじゃ足りねぇ!」と
言わんばかりに夜中泣きじゃくっていたと、助産師さんから教えてもらいました。
結果、2日目から母乳とミルクに。
事前にミルクを飲ませてもよいかどうかは
助産師さんに伝えておいた方がよいかもしれません。

私はそこまでこだわりがなかったのでミルクもOKでしたが、
そうではないママさんもいるようなので、
確認が取れるまではミルクをあげない方針の産院もたくさんあると思います。

・黄疸の症状が強く、光線治療を受けることに。
黄疸は私も旦那氏も赤ちゃんのころに治療を受けたとのことで、
しっかり受け継いでしまいました。
(1か月たった今はもう問題ない)

・母乳がしっかり出ていたので、退院後はほぼ母乳。1日1回はミルクに置き換え。

・黄疸のため1週間検診を受けることになりましたが、その検診では何の問題もありませんでした。
病院ではとても静かで、全然泣くことはなかったです。
うんちは短時間で2回もしていましたが(笑)
しかも背中漏れ(泣)

・私の体は、早々に腰が痛くなる。今でもまだ痛いです。
むしろ悪化しているのではorz
腰が痛くならないような生活を心がけるべきです。
少し無理をする、というのが何回も繰り返されるとさすがに体も壊れてしまいますので。

・授乳が一時期痛くて痛くて辛かったです。
というのも、うまくあげられなかったからか、切り傷ができてしまったからです。
入院中にいただいた塗り薬を塗り続け、サランラップを毎回貼っていました。
メデラのピュアレーンがお勧めですよ。

・が、いつまでも直らなかったので、傷の治し方をネットで検索しまくっていたら、
乾燥した方が傷の直りが早い、という記事を見つけてサランラップを貼るのはやめることに。
その数時間後から痛みが軽減していきました。


・吐くことがあまりなかったけれど、授乳時に無理やり目でおっぱいをあてたら
うげぇ
と吐きました。ごめん。

・0ヶ月目の後半は、背中スイッチが稼働をし始める。
日中は布団の上で寝てくれなくなってしまいました。。。

・夜は10時になると、日中いくらお昼寝をしても眠るという習性を見つける。
10時過ぎてほぎゃほぎゃ泣いていても、そのまま様子を見続けていると
そのうち寝てくれる良い子。

・一時期、左目からのみ、めやにが大量発生。
だが、2週間検診(任意)を受けるときには治っており、
助産師さんにその話をすると、
今出てないなら大丈夫でしょう、ということになりました。
それから今まで問題なしなので、大丈夫だったのでしょう。

・超便秘。私が。マグミットを引き続き飲み続けています。
トイレに1時間ぐらい籠ってやっと終わる状況です。


そうやって、0ヶ月目は過ぎていきました。 

20161129



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 子育てブログ 2016年4月~17年3月生まれの子へ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~