内向的ママの子育て日記。

2016年生まれの元気いっぱいな長男と、2018年生まれの注意深い次男との楽しい毎日です!

0歳10ヶ月


『哺乳瓶の卒業』というのもあるのか。

フォローアップミルクをマグ(ストロー)で飲ませるようにしたのですが、ふと、そういうえば哺乳瓶っていつまで使うんだろうか?という謎が生まれました。


母乳はいつか卒業しないといけないというのは生んだ直後ぐらいからなんとなく意識していたのですが、哺乳瓶の卒業というのはまったく思い浮かびもしませんでした。


とりあえず10ヶ月検診でフォローアップミルクをすすめられたので、朝昼夜の食事の時にはフォローアップミルクをマグで飲ませて、朝と夜寝る前(お風呂後)は今までどおり哺乳瓶でミルクをあげるようにしました。


いつまでも哺乳瓶を使っていると、哺乳瓶に執着しはじめるという記事もあり、徐々にマグやコップへの切り替えを考えています。


コップで飲む練習、大変そうだなぁと今からちょっと心配な私です。。。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 子育てブログ 2016年4月~17年3月生まれの子へ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

滑り込み10ヶ月検診とフォローアップミルクへGO。

9-10ヶ月検診を受診しないといけないということはずっとわかっていました。
でも9ヶ月入ってすぐ受診はなんか違う気がする、と思い先延ばし。
9ヶ月から10ヶ月になる間ぐらいに受診しようとしたら私が風邪を引き。
治るころに息子が風邪を引き。


結局11ヶ月になる数日前の検診となりました。


結果はいたって順調。
問題ない、と何回も言っていただき、無事終了しました。


体重も7-8ヶ月検診の頃から600g増えて身長も4cmほど伸び、頭も順調に大きくなってきていました。


体重をはかるときに泣き叫んだのはちょっと困りましたが、感情が豊かになっているんだな、とポジティブ思考。


収穫は、フォローアップミルクに切り替えていくといいですよ、という先生のアドバイス。
このころの赤ちゃんは鉄分が不足し、顔が青白い子が多いとのこと。
貧血になってしまうんだそうです。

なので早速家に帰ったあとの食事でフォローアップミルクを飲ませてみたところ、ごくごくと飲み、100mlを飲み干しました。
今までもフォローアップミルクを少しずつ離乳食に混ぜていたので、抵抗がなかったのかもしれません。


なので、今までのミルクは朝一と夜寝る前の2回にして、食事のときはフォローアップミルクに切り替えることにしました。
ちょうど試供品を大量にもらったばかりなのでちょうど良い!
量ももう少し増やして飲んでもらおうと思います。

着実に成長する息子にわくわくしています。







~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 子育てブログ 2016年4月~17年3月生まれの子へ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

手を使わないで一瞬立った!

生後10ヶ月になり、伝え歩きやよじ登り、高速ハイハイ、連続ぐるんぐるん寝返り等縦横無尽に動き回れるようになってきた息子。


とうとう、手を使わないで2本足で2-3秒立つことができるようになりました。


そろそろかな、とかそういう空気を感じることなく、突然立った!!!という感じ。
1度立つと、1日1回が1日2回、3回と、日がたつにつれてどんどん2本足で立つことが増えました。
時間はあまり長くはならないですが、立つたびに私や旦那氏がわいわい騒ぐのがおかしいのかもしれません。


いつも立ったあとはニコリと笑うでなくて、どことなく「どやぁ」感が息子から漂います笑


とにかく息子の意欲に乾杯です。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 子育てブログ 2016年4月~17年3月生まれの子へ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

オムツがえが苦痛。

感情が良くも悪くもあらわになってくる10ヶ月。
よく笑うようになったと同時に、よく期機嫌が悪くなり泣くことも多くなってきた。


ご飯を食べているときも、息子の好きなにんじんとじゃがいもをクリームソースの素でまぜたものをよくあげるのですが、それをすぐにぺろりと平らげてしまうと、もっとくれーと大粒の涙を流して泣いてしまう。


ほかのものをあげようとしても、しばらくはクリームソースのおかずがほしいと泣いてしまい、なかなか食事が終わらないこともしばしば。


それよりも大変なのがオムツがえ。
仰向けで寝続けてくれないのです。


オムツを替えようと仰向けで寝させようとすると、その時点で嫌だ嫌だと泣いてあばれ、きれいなオムツをおしりのしたに敷き、汚れたオムツをとろうとするときも息子が逃げようと懸命に体をひねり逃げようとする。


おしっこだけならまだしも、ウンチのときはそれはもう戦い。
気の引くおもちゃを持たせてみるものの、効果があるときと泣いときが半々。
効果があればおもちゃに気をとられているうちにささっと変えてしまえばよいのですが、そうじゃないと本当に疲れてしまう。


そうするとどうしてもオムツを交換する気が起きなくなってきて、交換タイミングが減るという、息子にとっても良くないことがおき・・・。


なかなかうまくいかないこともありますなー、と息子とともに切磋琢磨していきます。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 子育てブログ 2016年4月~17年3月生まれの子へ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

オムツがLサイズになる。

生後10ヶ月に突入するあたりで、オムツサイズもMサイズからLサイズにサイズUPしました。


Mサイズだとなんだか太ももがきつそうな感じになってきていたのと、ちょうどLサイズのオムツをもらったこともあり、変えてみることにしました。
実際つけてみると、少し大きいかな?という感じもしますが、太ももに余裕ができ、とくにおしっこやうんちが漏れることもないので、サイズUPしてよかったと思っています。


生まれたばかりのときから数ヶ月は、どのメーカーが良いかとか、サイズはあっているかなど、オムツに対してかなり神経質になっていましたが、おむつかぶれもせずつるーんとしたお尻の息子のおかげで、オムツに対してあまり意識することもなくなりました。


だんだんと1歳に向かいつつある息子、大きな病気もせず頼もしい限りです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 子育てブログ 2016年4月~17年3月生まれの子へ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
プロフィール

<もこ>
2016年秋生まれの長男と、2018年梅雨生まれの次男の30代ワーママです。
内向的ゆえに息子たちとおうちにいる時間が最も生き生きしています。
内向的でも人生楽しいよ!居場所は作ろうと思えばつくれるよ!をモットーに毎日を生きています。

記事検索
スポンサーリンク
ブログ村
メッセージ
プライバシーポリシー

Adsense

当ブログでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

Amazonアフィリエイト

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

著作権について

当サイトでは、自前の画像または著作権フリーの画像しか使用しておりません。