ぼっちママの子育て日記。

2016年、2018年、2020年生まれの3人のママやってます。 子供のころから友達作るの苦手で、大人になってもやっぱりボッチ。 来るもの拒んで去るもの追わない性格ゆえの運命です。

斜頭症


【斜頭症】後日談少しと斜頭症防止のための対策。

以前当ブログにも書いてきましたが、第2子が斜頭症のためヘルメット療法をしました。
金額は30万円超えの痛い出費でしたが、今しか治せないと思考を強制停止させて思い切って出産祝い全額投入+足りない分は自分の貯金を使い治療しました。


およそ半年ほどの治療のおかげと増えた毛量も相まって、頭の形が気にならなくなりました。
あの時の判断は間違ってなかったと思っています。


次男の斜頭症はもしかしたら生まれた時からだったかもしれません。
出産してからの怒涛の日々で頭の形をゆっくり見るようなことはしてなかったので、おなかの中の時からなのか出産時なのか、寝かせる頻度が多かったためなのか判断できませんでした。


ただ今思い返してみると、産後すぐの授乳の時に「赤ちゃんの頭丸いねー、髪の毛少ないから頭の形がまるわかりだね」と助産師さんと話したときに、「これ丸なのか?まあ狭い産道通ってきたわけだし少しは歪むか、すぐに戻るよね」と思った記憶がかすかにあります。


だから寝かせてた時間はもしかしたら関係ないかもしれません。
おなかの中か産まれてくるときに歪んだのかもしれません。
今となってはもうわかりません。


・・・という分析を第3子が産まれる前にしました。
第3子はヘルメット療法をしないよう、できるだけ回避したいからです。


そして第3子の長女が産まれました。


斜頭症防止としてやっていることは以下の3つ。
1)ベビー用枕を使う
2)プーメリーを使う
3)できるだけ抱っこする


1)の「ベビー用枕を使う」は、絶壁防止のために後頭部に負荷ができるだけかからないようになっている枕です。赤ちゃん用品が売られているお店ではたいてい売られていると思います。

私が購入したのは穴が開いているドーナツ型の枕でした。
こんな感じの枕です。

長女も次男と同じ枕を使っていますが、今は普通の枕のような形のものが出ているようです。


確か長男が産まれたときに購入した枕なのですが、長男の時はあまり使わないでタオルを枕のかわりに使っていました。次男の時もタオルでいいか、簡単に洗えるし、と思って産まれたばかりのころはあまり使っていませんでしたが、頭の形が気になってからは使うようになりました。
長女は産院から帰ってきてからすぐに使用開始しています。


2)の「プーメリーを使う」は、できるだけ頭を動かしてもらえるように買いました。
次男の斜頭症がわかってから購入したものです。
ちなみにプーメリーとは、くまのプーさんのメリーのことです。
ネットではよく略されています。斜頭症防止だけでなく、これのおかげで育児が楽になる神アイテムと崇めている界隈もあるとかないとか。


同じところばかりを見ると同じ場所に負荷がかかってしまうので、これでいろんなところに興味を持たせて頭を動かしてほしい、という考えです。
長女は生後2か月ぐらいから使うようにしました。
なぜ新生児から使わなかったのかというと・・・長男と次男がこのメリーに興味を示しすぎるからです・・・。

組み立て式なので体重をかけてしまうと接続部から壊れるんじゃ???赤ちゃん危ないんじゃん???という恐怖があったのですぐに置けませんでした。
そのため体重かけても大丈夫なタイプの別のメリーを使っていましたが長女の食いつきが今一つだったので、プーメリーを思い切って組み立てて、長男と次男には口を酸っぱくして乗るな、体重をかけるなと言い続けています。

長女はプーメリーが気に入っているようでなかなか食いつきがよく、泣いているときにメロディを流すと泣き止んだり、おもちゃに手が当たるのが楽しいようで、腕をぶんぶん楽しそうに振り回すこともあります。
体が動くと頭も動かすことになっているので、斜頭症(や絶壁)にならないために一役買っています。


3)の「できるだけ抱っこする」は、もう言わずもがな、頭にNO負荷なので本当は永遠これをやっていれば後天的な斜頭症は免れると思いますがまあ無理です。
産後のママの体に鞭を打ち続けては誰も幸せになりません。

パパの力も借りて、「できるだけ」「可能な範囲で」抱っこすることで、少しでも頭の形を守ることができるかと思います。
とはいえ現状は思い描いている抱っこ生活とは程遠く、寝てるときは布団!ご機嫌なときは布団!ママの体大事!とあまり抱っこできていないのが現状です。
これは可能な範囲で抱っこしてあげる、という曖昧な目標でいいんじゃないですかね。


今のところ長女は出産後も今も頭の形はきれいなので、ヘルメット療法をする必要はなさそうです。
ただ、まだまだ頭が柔らかい時期なので、1歳になるまで、特に今のおねんね期は気を付けて今の頭の形を守り続けていきたいと思います。





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 子育てブログ 2016年4月~17年3月生まれの子へ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【斜頭症】ヘルメット卒業!

しばらく私生活が多忙でまったく更新できておりませんでした。
その間、大きな変化がありました。

そう、ヘルメット卒業です!
ヘルメット治療のデビューから丸4か月と数日でした。


レベル1(正常)~5(重度)という段階分けの斜頭がレベル4からのスタートでした。
途中停滞があったものの、最後の測定では生後10か月なのになかなかの成長を見せてくれて、レベル1の正常値となりました。


ヘルメットを装着するかどうか迷っているときは、髪の毛が生えてきたらわからなくなるしな、とか大きくなってきたら誤差みたいなものになると思う、とかできるだけ装着しなくていい方へと思考を巡らせがちではありましたが、思い切って装着してから一緒に頑張ってきた今、まあるくふっくらとした頭を手に入れた息子を見て、やってよかった!と思っています。


やっぱり今しかできない、という制限時間があることが大きかったかもしれません。


金額は高くついてしまいましたが、私と家族は満足しています。


ただ、迷いがあるならやらないほうがいいと思います。
23時間ずっと装着し続けないといけないし、息子の場合はちょうど真冬だったからよかったですがこれが真夏だと肌トラブルは避けて通れない道になります。
それが赤ちゃんにも親にもかなりなストレスとなり、やらなければよかった、という結果を招くかもしれません。


それでも治してあげたいと思うならばまずは説明だけでも聞きに行ってみてはいかがでしょうか。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
こちらにお世話になりました。
AHSJapan スターバンド AHSJapan
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 子育てブログ 2016年4月~17年3月生まれの子へ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【斜頭症】4回目の計測。

ヘルメット療法を初めて丸3か月たち、4か月目に突入しました。
修正月齢では8か月で4回目の計測です。


1回目、2回目の計測では改善が見られましたが、3回目の計測では維持寄りの悪化という結果となり、このままではいかんと4回目の計測に向けて日々23時間かぶるよう次男とともに頑張ってきました。


そのおかげか・・・

さらに改善しました!

レベル2のままではあるのですが、前回最終的にレベル1になるのは難しいのではないかと言われたにもかかわらず、今回はレベル1へもういっぽというところまできていました。
今回と同じぐらいの改善が見込まれれば、次回はレベル1の正常となります!


普段触っていても見ていても丸くなってきたな、っていうのが感じられていたので、それが本当だったということに喜びを感じております。


毎回計測するときにヘルメット療法を始める前の頭の形とその日の頭の形を3D?で見ることができるのですが、後頭部の厚みが全然違う。
始める前はなんというか大豆?のような頭だったのが、そらまめぐらいにはなったかと(伝わりにくい・・・)。


面と向かってかわいそうとは言われなくても、やらなくてもいいんじゃないの?うちの子だってゆがんでるわ、みたいな目で見られたりなにより旦那氏が「俺はそのままでもいいと思ったんだけど」とこの期に及んでのたまうので(怒)、そういう反応のたびに私は間違っていたのだろうか、私には見方がいないわ、と卑屈になることもありました。


でもやっぱり歪みは無いに越したことないし、男の子は丸坊主にする可能性もあるわけで、やっぱり坊主頭にするならばきれいなまるーんとした頭になっていてほしいと思うんです。
何より今しか整えられない。


次回も同じぐらいの改善が見られれば卒業かな、というお言葉をいただいたので、残り約1ヶ月、がっつりヘルメットを付けて夏を迎える前に卒業したいと思っています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
こちらにお世話になっています。
AHSJapan スターバンド AHSJapan
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 子育てブログ 2016年4月~17年3月生まれの子へ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【斜頭症】第1回目測定結果。

初回測定してから6週間、ヘルメット装着してからは3週間が経ちました。
ヘルメット装着後1回目の測定となりました。


結果、思った以上に改善していました!



斜頭のレベルが4の中度だったのが、2の軽度となっていました。
しかも正常のレベル1にあと一歩及ばないかなくらいの値。
もしこの状態で計測に来ていただいていたら、きっとヘルメット療法はしてなかったかもしれないですね!とお褒め(?)のお言葉をいただきました。


たしかに触った感じも見た目も左後頭部が絶壁だったのがまぁるくなってきていて、全体の歪みが解消されてきているように感じます。


前頭部は左側が出ていて右側を成長させているところですが、前頭部は結果が出にくいとのことでこれは引き続き様子見で。
でも左側は現状維持で右側の成長はみられました。

ヘルメット治療前(6週前)が赤、第1回目測定結果が青です。
無題
右後頭部がとがっていて、左後頭部が右側ほど丸みがなかったのが、3週間の装着で左後頭部だけ成長しているのがわかります。

無題無題
左:6週間前 右:第1回目測定時
角度は若干違いますが、だいぶ左後頭部が丸くなった感じです。


2回目の測定は3週間後になるので、引き続き23時間を目指して、肌に影響が出ない範囲でがんばります。


斜頭症についての記事カテゴリです、一気に読めます。
※斜頭症のカテゴリ※

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
こちらにお世話になっています。
AHSJapan スターバンド AHSJapan
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 子育てブログ 2016年4月~17年3月生まれの子へ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【斜頭症】23時間装着時の1日の流れ。

23時間装着が常になっておよそ2週間たちました。
だんだんと1日の流れができてきました。

8時
 起床

9時
 朝ご飯
 この時、食事中のみ外します。
 濡れタオルで頭を、消毒のシートでヘルメットを拭いてから離乳食です。
 およそ15分ほど。

10時~18時
 ヘルメット装着前の毎日と変わらず。

18時
 夕ご飯
 この時は外しません。この後お風呂なのでそのままです。

20時
 お風呂
 私と長男が先に体を洗い、長男を湯船に入れます。
 そのあと次男の服を脱がせて、体を洗うぎりぎりまでヘルメットを装着し続けます。
 これが大体20時10分ぐらい。
 外したら朝の休憩時と同じように消毒のシートでヘルメットを拭きます。
 頭はできる限り念入りに洗います。

20時30分
 お風呂から上がって、次男を先に対応。
 服を着させて、頭を軽くドライヤー(冷風)で乾かし、ヘルメットの中も乾かして装着。
 装着するころには20時45分ぐらいになっています。
 寒いので、タイムトライアルやってるかの如く作業が早いです。

21時
 就寝。
 ここからずっと朝までヘルメットを装着。


体調を崩すことなく順調にきているので、できるかぎり装着している時間を長くするようにしています。
かぶらせるときに嫌がらないので、おそらく次男もヘルメットに慣れていると思われます。
すこし左後頭部が丸くなった感じがしますが、ちょっと上から見下ろしてみるとまだ右側頭部は出っ張っているし、平行四辺形のような形ではあるので、まだまだ先は長そうです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
こちらにお世話になっています。
AHSJapan スターバンド AHSJapan
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 子育てブログ 2016年4月~17年3月生まれの子へ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
プロフィール

男、男、女の3人きょうだいのママをやっています。

記事検索
スポンサーリンク
ブログ村
メッセージ
プライバシーポリシー

Adsense

当ブログでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

Amazonアフィリエイト

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

著作権について

当サイトでは、自前の画像または著作権フリーの画像しか使用しておりません。