上二人4歳と2歳は現在ほぼ毎日ドリルをしています。
そろそろ始めてから半年になります。


いい大学に!小学校受験!とかそういうことは考えていないのですが、小学校に行っても落ちこぼれないように最低限の学力はつけさせたいと始めました。


2歳の次男は長男がやり始めたのを見て一緒にドリルをするようになったので、思わぬ副産物です。


ドリルは1日3枚までしかやらないというルールで、これは使っているドリルがそういう設定になっています。
別にやってもいいとは思いますが、1日3枚しかできないんだよ、明日また続きやろうね、のほうが長続きしやすいのだと思います。


1年前にドリルを購入したときはあまり続かず途中で頓挫してしまいました。
ドリルの対象年齢が2歳半からだったので3歳になった長男にはちょうど良いかなと始めたのですが、長男にはまだ難しかったようでやる気を早々になくし、挫折。
それから半年は親から勉強しようという提案をしませんでした。

そして4歳を迎えるころ、そろそろ再開してもよいかなと思いやり始めたところ、今度は挫折することなく続けています。
終わったらゲームをしていいというご褒美付きなのですが、それでもやらないよりましかなという思いです。

実際、最近ではゲームをしようがしまいが勉強をすることが習慣になっているので習慣化するための導入は褒美で釣ってもいいのかなと思っています。


あとは習慣化するにはあまりルールは設けない方が良いかもしれません。
たとえば勉強する時間はできるだけ固定化したほうがいいと聞きますが、うちの場合はやりたい時間になるまで待つというスタンスです。
勉強しないの?と聞くことはありますが、「後で」と言われたらすぐに引き下がるようにしています。
なので幼稚園から帰ってきておやつを食べたらすぐに勉強するときもあれば、寝る直前にやると言い出すことも。
寝る直前の時はさすがに(もう明日でいいんじゃん・・・)と私が面倒くさくなってしまうものの、勉強したいと言い出したら優先してサポートすると決めているので、寝る直前でもドリルを広げます。


半年間の成果としては、ひらがなが読める、数字が読める(1から100)などができるようになりました。
その他にも「2番目に大きい」とか、「1つ大きい」という考え方、簡単な足し算(合計が指で数えられる10以下になるもの)もできるようになっています。
ドリル以外の成果ではアルファベットの大文字がわかったり、引き算も片手でできる程度ならわかるようになっているようです。
長男の場合は文字よりも数字のほうが好きみたいです。

2歳の次男の勉強事情については後日書くかもしれません。
2歳なので線が引けたり、何色かがわかる、大きい・小さいがわかる、1から5の数字が読めるかな?というところです。


半年続けた感想としては、知識を付けることよりも、毎日楽しく勉強する習慣を身につけることのほうが重要かな、ということです。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 子育てブログ 2016年4月~17年3月生まれの子へ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~